更新履歴
葉の上に薬

性病にはいろいろな物がありますが、今一番感染者が多く、気をつけなければならないのがクラミジアによる性病です。
クラミジアはかつて目に感染するウイルスでしたが、最近ではインフラの発達、毎日お風呂にはいるようになり清潔に保たれることによってあまり見られなくなりました。
一方、クラミジアは若い世代がオーラルセックス、ディープキスなど過激な性交渉をするようになって増えてきた怖い性病です。
AVが簡単に見られるようになり、過激な性交渉を興味本位ですることにより、喉に感染すればかぜのような症状に悩まされるようになります。
女性が男性器をなめしゃぶるフェラチオによって喉に感染、クラミジアに感染した男性器を女性に挿入することによって女性器2次感染が起こります。

クラミジアはとても感染力が強く、しかも最近では不特定多数の男女が性交渉する機会が多くなっているため人から人へと2次感染するリスクが高まってきています。
さらにクラミジアは感染してから、症状がでるまでに潜伏期間がありその間、自分が性病にかかっていることに気がつかずに性交渉していれば2次感染の輪ははてしなく広がることになります。
そのため性病を防ぐ方法としては、興味本位で過激な性行為をしないようにしたほうが安心です。
きちんとコンドームをつけなるべく感染しないように自分の体を守り、少しでも性病のような症状を感じたらすぐに婦人科などを受診することです。

少し体の状態が悪いのに、興味本位で過激な性交渉をしていれば性病は果てしなく感染してしまうし、大変リスクが高くなります。
性病はほうっておいても自然に治らないし、女性なら手遅れになると妊娠ができなくなってしまったりすることもあります。
なので正しい知識をつけ、病気を予防する必要があります。